子供への想い

子供への想い

私の3人の子達も公文学習で育ちました。長い間、多くの子ども達の成長に喜びを感じてきました。
かつての生徒さんが立派な父兄となられ、「うちの子もお願いします」と久しぶりに教室の扉を叩いてくれて、大変感激します。
子ども達には大きな可能性が広がっています。公文式で育った子どもは、『やればできる』という達成感と、『自分から取り組む』姿勢を身につけてほしいです。勉強は必ずしも楽しいことばかりではないですが、「今基礎を身につけておけば『やっててよかった』と思える日がきっと来るよ」と伝えています。小学生のうちに算数や国語の基礎学力をきちんとつけて、中学校へ進級時に更に勉学にスポーツにと活躍して欲しいです。公文で自己肯定感を身につけ、更に成長していって下さい!

指導力を高めるためにこんな取り組みをしています

毎年数多くの講習会に参加
公文本部が義務付けている講習会に、年間を通じて定期的に参加しています。

定期的なノウハウの共有
教室では指導者と教室スタッフが学びを深めています。

生徒事例の研究
子ども達一人ひとりの教材の解き方を観察し、よりよい指導へとつなげています。